since 1993.07.15


  • HOME
  • >
  • PROGRAM SUPPORT

PROGRAM SUPPORT プログラムサポートサービス

エクササイズにレバレッジ=ペリオダイゼーション

 どんな科学的なトレーニングであっても、実行出来ないとトレーニング効果を得ることが出来ません。自分がトレーニングしやすいスケジュールや強度、トレーニング量を調整したオーダーメイドプログラムは、普通の社会人の皆さんだからこそ、必要だと考えています。
 
エスチャレンジの「プログラムサポート」サービスは、1人でも高い質のトレーニングを行うためのサポートサービスです。それぞれの目標やトレーニング環境、ライフスタイル、動きのクセ、競技パフォーマンスや競技レベルを考慮して、それぞれにあった個別のトレーニングメニューを作成し、提供しています。
 
プログラムサポートの利用者は、とても幅広い年代・競技レベルの皆さんにご利用頂いています。

トレーニングプログラム トレーニングメニューのイメージ画像

オリンピックメダリストや日本代表選手といった世界レベルのアスリートから、世界を夢見るジュニアアスリート選手たち。彼らはトレーニングジムやフィールドトレーニング、遠征先での部屋トレ用メニューなどを提供しています。
 
週末にスポーツを楽しまれている社会人の方には、少しでも自分の成長とパフォーマンス向上を目指して、平日は帰宅後に家で出来るバランスボールエクササイズや、ファンクショナルトレーニングを実施。週末はフィットネスクラブや外でアジリティ&クイックネスなどのメニュー提供を行っています。
 
1993年に「プログラムサポート」サービスを開始して以来、社会人アスリートの皆さんも含めると、2000人以上のクライアント様に累計10000を超えるトレーニングメニューの作成実績があります(2015年11月現在)。
 
 

■こんなご要望にお応えします!

・自宅や職場で手軽でも出来る、短時間で効果的なトレーニングメニューが欲しい
・トレーニング器具を使わないで出来る、筋トレメニューが欲しい
・スポーツパフォーマンス向上につながる、ファンクショナルトレーニング(機能的なトレーニング)がしたい
・バランスボールエクササイズのバリエーションも色々知りたい
・自分が利用しているフィットネスクラブの器具を考慮したジム用のプログラムも欲しい
・カラダが固いので、自分にあったオリジナルのストレッチプログラムが欲しい
・サプリメントやトレーニング用具の相談にのってもらいた
 
全部、「プログラムサポート」サービスで対応致します! 
 
 

■プログラムサポートの3つの基本サービス

01. 完全なオーダーメイドプログラム
・個々の体力レベル、ライフスタイルにあわせた
 トレーニングメニューを作成
・目標に近づくために必要なトレーニング要素
 (筋トレ、エアロビックパワー、アジリティ、
 柔軟性、バランス能力など)を組みあせてプログラミング
・トレーニング環境に合わせた1週間分のスケジュール設定
・リクエストに応じて3-6週間隔で配信(配信毎に変更可)
・メニューは iPhone や iPad などで閲覧可能なPDF書式

  (サンプルプログラム 
サンプルトレーニングプログラムのリンク画像サンプルトレーニングプログラムのリンク画像

 
 
 
 
 
配信されたトレーニングメニューを iPhone で確認しているイメージ画像

02. いつでもメールサポート
・トレーニングのご質問・ご相談は48時間以内にメールで回答
・質問回数はご契約有効期限内であれば何度でもOK!
 
03. リアルサポートも充実
パーソナルトレーニングは会員料金でご利用可能
コンディショニングワークショップも会員料金で参加出来ます
・最新のトレーニング情報を、使える形でわかりやすくご提供
 

■プログラムサポートサービスの流れ

■世界レベルのサポート実績(順不同)

プロ・企業チーム

全日本アルペンスキーチーム、SALOMONチーム(アルペンスキー、テクニカルスキー、クロスカントリースキー、モーグル)、チームアルビレックス新潟(スノーボード、スキー)、チームJWSC(スノーボード、スキー)、サンミリオンスキークラブ(アルペンスキー)、アサヒビールシルバースター(アメリカンフットボール)、日本ハムファイターズ(プロ野球)
  

大学・高校チーム

東洋大学スキー部、日本女子体育大学スキー部、日本体育大学スキー部、大東文化大学スキー部、早稲田大学スキー部、中央大学スキー部、國學院大學スキー部、京都産業大学スキー部、龍谷大学スキー部、北海道東海大学スキー部、日本大学スキー部、大阪経法大学スキー部、北海学園札幌高校(旧札幌商業高校)スキー部、北海道立日高高校スキー部、関根学園高校スキー部、福知山成美高校スキー部、同志社香里高校スキー部、岐阜県立飛騨高山高校スキー部、岐阜県立飛騨神岡高校スキー部、東京大学ラビット、駒澤大学附属苫小牧高校スピードスケート部
 

スキー(アルペン)

ジェニー・ブライアー選手(NZ)、石島瑶子選手、山越貴文選手、山越涼平選手、渡邉歩実選手、大野ちはる選手、杵淵千佳選手、難波遠望選手、森永ののか選手、寺島瑛介選手、小俣優香選手、竹内瑠美選手、佐々木辰徳選手、谷口勇翔選手、蓮見小奈津選手、川浦あすか選手、平野華選手、平野円選手、根岸志帆選手、田中翔紘選手、田中藍奈選手、藤木優佳選手、千葉あおい選手、高橋咲絵選手、向川桜子選手、田中雄土選手、村田葵選手、松本勲人選手、佐藤祐亮選手、水口かおり選手、長田愛未選手、赤松かおり選手、長谷川絵美選手、福島のり子選手、荒井拓磨選手、服部七穂選手、清水雅世選手、加藤智佳選手、高橋育美選手、八木橋拓史選手、前田洋海選手、水尾大輔選手、土井俊幸選手、本田浩樹選手、武田竜選手、清澤恵美子選手、武田京子選手、沖聖子選手、岩船雄介選手、皆川賢太郎選手、佐々木明選手、工藤昌巳選手、岡田利修選手、吉岡大輔選手、石井智也選手、寺島俊介選手、熊谷拓也選手、土樋梓選手、渡辺靖彦選手、佐藤栄一選手、山下太門選手、松崎知宏選手、南一美選手、国峰昇選手、甘粕洋一選手、松本千沙選手
 

スキー(テクニカル)

水落亮太選手、水落育美選手、兼子稔選手、兼子佳代選手、佐藤柊果選手、鈴木洋律選手、鈴木匠子選手、渡辺一樹選手、伊藤真紀子選手、上村文代選手、水口雄太選手、マーク・ガルシア選手
 

スキー(クロスカントリー)

夏見円選手、横山寿美子選手、横山久美子選手、大高友美選手、後藤忍選手、工藤博選手、金丸富男選手、沼田徹平選手
 

スキー(モーグル)

里谷多英選手
 

スノーボード

竹内智香選手、斯波正樹選手、深見将志選手、白川尊則選手、野藤優貴選手、鶴岡剣太郎選手、佐藤江峰選手、佐藤彩佳選手、寺尾綾香選手、金山裕希選手、河島広輔選手、小林学選手、桑島瑠美選手、並木里也子選手、佐藤麻衣子選手、白鳥直子選手、関貴英選手、藤沼到選手、西沢孝征選手、加藤美哉選手、林達彦選手
 

ゴルフ

金谷多一郎プロ、金谷智美プロ、藤野オリエプロ、小山由紀子プロ、天沼智恵子プロ
 

競輪

奥井迪選手
 

その他

田畑真紀選手(スピードスケート)、長岡弥生選手(スピードスケート)、久我孝男プロ(サーフィン)、河野正和プロ(サーフィン)、吉川共久プロ(サーフィン)、酒井正海プロ(サーフィン)

Go to Page TopGo to Page Top

プログラムサポート:パーソナル

トレーニングジムでレッグエクステンションマシンの指導をしている画像

・社会人の方を対象とした個別プログラム作成サービス
・配信回数別に4つのコース(3・6・9・12回配信コース)から選択
・新規お申込の方は「セルフアライメント+動作チェック」を実施して頂いてから、プログラミングさせて頂きます。**
 
 *配信回数×2ヶ月が最大サポート期間となります。最大サポート期間内に配信回数を消化するようにお願い致します
 **ご入金確認後、セルフチェックシートを送信します。
    記載した手順に従ってご自身で可動域等のチェックを行って頂きます。
 
 

■プログラムサポート:パーソナル お申込フォーム&料金表

  • メールを頂いてから、48時間以内に返信致します(年末年始休業日を除く)。
  • @hotmail.com、@yahoo.co.jpなどのフリーメール又はウェブメールをご利用の場合「迷惑メール」として処理されるよう、初期設定されている場合があり、メールをお届けできない場合があります。お手数ですが「フリーメール又はウェブメール」をご利用の場合はエスチャレンジからのメールを「通常メール」として受信設定をお願い致します。
  • 携帯電話・スマートフォンのメールアドレスでご連絡頂く場合、迷惑メール対策でドメイン指定受信をされていると、エスチャレンジからのメールをお届けできません。エスチャレンジのドメイン「s-challenge.com」を受信許可に設定お願いいたします。
Go to Page TopGo to Page Top

プログラムサポート:スチューデント

スチューデントアスリートがトレーニングしている画像

・小学4年生から専門学校生・大学生までの学生アスリートが対象
・4コース(3・6・9・12回配信コース)から選択*
・新規お申込の方は「セルフアライメント+動作チェック」を実施して頂いてから、プログラミングさせて頂きます。**
 
 *配信回数×2ヶ月が最大サポート期間となります。最大サポート期間内に配信回数を消化するようにお願い致します
 **ご入金確認後、セルフチェックシートを送信します。
    記載した手順に従ってご自身で可動域等のチェックを行って頂きます
 
 

■プログラムサポート:スチューデント お申込フォーム&料金表

  • メールを頂いてから、48時間以内に返信致します(年末年始休業日を除く)。
  • @hotmail.com、@yahoo.co.jpなどのフリーメール又はウェブメールをご利用の場合「迷惑メール」として処理されるよう、初期設定されている場合があり、メールをお届けできない場合があります。お手数ですが「フリーメール又はウェブメール」をご利用の場合はエスチャレンジからのメールを「通常メール」として受信設定をお願い致します。
  • 携帯電話・スマートフォンのメールアドレスでご連絡頂く場合、迷惑メール対策でドメイン指定受信をされていると、エスチャレンジからのメールをお届けできません。エスチャレンジのドメイン「s-challenge.com」を受信許可に設定お願いいたします。
Go to Page TopGo to Page Top

プログラムサポート:チーム

バランスボールでファンクショナルトレーニングをしている画像

・都道府県や学校など複数人数で活動するチームが対象です
・4コース(4・6・8・10回配信コース)から選択*
・S-CHALLENGEスポーツパフォーマンステスト(SPT)を実施。
 参加選手個々のパフォーマンス評価を致します。
 
 *配信回数×2ヶ月が最大サポート期間となります。最大サポート期間内に配信回数を消化するようにして下さい。
 
 

■プログラムサポート:チーム お申込フォーム&料金表

  • メールを頂いてから、48時間以内に返信致します(年末年始休業日を除く)。
  • @hotmail.com、@yahoo.co.jpなどのフリーメール又はウェブメールをご利用の場合「迷惑メール」として処理されるよう、初期設定されている場合があり、メールをお届けできない場合があります。お手数ですが「フリーメール又はウェブメール」をご利用の場合はエスチャレンジからのメールを「通常メール」として受信設定をお願い致します。
  • 携帯電話・スマートフォンのメールアドレスでご連絡頂く場合、迷惑メール対策でドメイン指定受信をされていると、エスチャレンジからのメールをお届けできません。エスチャレンジのドメイン「s-challenge.com」を受信許可に設定お願いいたします。
Go to Page TopGo to Page Top

FAQ: プログラムサポート関連


Q: プログラムサポートとはどんなサービスですか?

個別のオーダーメイドプログラム作成サービスです。クライアント様のトレーニング目的、トレーニング環境、生活リズム、フィジカルレベルなど個別の環境要件やレベルを考慮した完全なオーダーメイドのトレーニングメニューをクライアント様のリクエストに従って定期的に配信致します。
<過去に作成した主なプログラムの一例>
・ご自宅で行える様な自重での筋トレメニュー
・トレーニングジムで使う筋トレプログラム
・ジュニアアスリートの成長に合わせたコンディショントレーニング用プログラム
・公園など外で行うアジリティ&クイックネストレーニング
・動きを洗練させるファンクショナルトレーニングのメニュー
・姿勢を良くする筋トレメニュー
・スキーやスノーボードの専門性を取り入れたオフトレプログラム
 


Q: プログラムサポートは特別なアスリートに対してのサービスですか?

サービス開始当初は競技選手のみサポートしておりましたが、現在はスポーツを頑張っている小中学生や、一般の皆さんにも広くご利用頂いております。
世界のトップレベルの強化トレーニングサポートも担っておりますので、オリンピック選手や日本代表選手などもご利用頂いていますが、趣味でスポーツを楽しんでいる方々も含め、ニーズに沿ったトレーニングメニューの提供をしております。
 


Q: 普通の社会人でも利用出来ますか?

プログラムサポートのクライアントさんの中には世界で活躍するトップアスリートもご利用されていますが、普通の会社員の方で目的を持ってトレーニングに励んでいる方々も沢山いらっしゃいます。
社会人の方はトレーニングに割ける時間が限られている方が多いので、個々のライフスタイルに合わせて作成したオーダーメイドプログラムを活用すれば、トレーニングの消化率も上がり、トレーニング効果も出しやすくなります。
どんな科学的なトレーニングであっても、実行出来ないとトレーニング効果を得ることが出来ません。自分がトレーニングしやすいスケジュールや強度、トレーニング量を調整したオーダーメイドプログラムは、普通の社会人の皆さんだからこそ、必要だと考えています。
 


Q: フィットネスクラブで提供されているプログラム作成サービスとの違いは?

ほとんどのフィットネスクラブで提供されているトレーニングメニュー作成サービスは、フィットネスクラブ内の器具を使用したエクササイズや、筋トレや持久力向上などカラダづくりをメインにしたプログラムです。
S-CHALLENGEでご提供しているプログラムサポートは、クライアント様のターゲットに応じて「カラダをつくるトレーニング」だけではなく、「カラダを使うトレーニング」をバランス良く配分してプログラム作成します。
日常生活動作のクセや、スポーツパフォーマンスで生じやすいエラーフォームを分析し、パフォーマンスアップに必要な、ファンクショナルトレーニングもメニューの中に入れています。
フィットネスクラブで使える筋力トレーニングのメニューだけではなく、ご自宅や職場でも出来るプログラムをご提供出来るサービスです。
 


Q: 年齢制限はありますか?

小学校4-5年生くらいの年齢から承っています。
トレーニングはやらされるものではなく、自らやりたい、と思う事が非常に大切です。
自分で考え、動きを意識し、目標に向かって頑張れる方であれば、小学生でも問題ありません。
 


Q:「定期的にプログラムを配信」とありますが、どのくらいの間隔で配信されますか?

基本的な配信間隔は4週ですが、自由に設定・配信回毎に変更出来ます。
例えば、1回目のプログラムは4週でやってみたけど、もう少しじっくりやりたいので、2回目は5週に変更。
あるいは次回のプログラム配信期間は出張があるので、6週でリクエスト....など、ご希望に沿った配信間隔を配信毎に設定出来ます。
 


Q: 新しいプログラムに更新される際には何をすれば良いですか?

新しいプログラム配信予定日の前週の前半に「トレーニング経過の確認」メールを送信致します。
カラダの状態やトレーニングの進捗状況、課題、トレーニングスケジュールやトレーニング環境の変更などを、質問に対してご回答頂くことで、新しいプログラム作成のデータにさせて頂きます。
場合によっては、ご自身で行って頂く「フィットネスアセスメント(測定)」を実施して頂く場合もあります。
 


Q: 複数でのサービス利用は可能ですか?

2名以上でプログラムサポートをご利用される場合は「プログラムサポート:パーソナル」ではなく、「プログラムサポート:チーム」コースでのご利用となります。
 


Q: どんな視点で新しいプログラムの作成をしているのですか?

「フィジカルパフォーマンス」「競技パフォーマンスへの変換」「中長期的視点」、この3つです。
フィジカルパフォーマンス」については、基本的なカラダづくりの視点で考える要素と、機能的な動作を洗練させていく要素に分けられます。この2つのバランスを上手く考慮しながらプログラミングしていきます。
競技パフォーマンスへの変換」については、アスリートにおいては最も重要視しなければならないことです。専門的動作のクセや修正ポイントは普段のトレーニングの中でも出現しています。そういう動作を意識出来るか否か、そしてイメージと実動作の差違を修正していくことが競技パフォーマンス向上には欠かせないので、そういう動作についての気づきを得られる様なエクササイズを選択してプログラミングします。
中長期的視点」はトレーニング効果にレバレッジをかけるための戦略であり、トレーニングは継続することで、より高い効果を得ることが出来ます。カラダの機能的調和、時期や季節的な要因なども考慮しつつ、「飽き」によるトレーニングの継続が阻害されないように、同じ部位の異なるエクササイズを設定した更新プログラムを作成しています。
 


Q: プログラムはパターン化されたものが提供されているのですか?

S-CHALLENGE 独自に開発したトレーニングプログラム作成ソリューションには、現在380のストレッチエクササイズ、トレーニングデータベースには2000を超えるエクササイズがストックされています(2015年12月現在)。
ダンベルやバーベルの筋トレエクササイズ、トレーニングマシン、自重でのレジスタンスエクササイズ、バランスボール、フォームローラー(ストレッチポール)、バランスディスク、ラダーやマーカーなどのフィールドトレーニングなど多種多様なエクササイズコンテンツを、複雑に組みあわせてプログラム作成していますので、その組合せは、ほぼ無限です。
 


Q: 途中で解約や期間短縮は可能ですか?

「プログラムサポート」サービスは、無形のソフトサービスという性格上、一時的な休止ということで対応させて頂きます。
初めてプログラムサポートご利用される場合は、最小期間のご契約からのスタートをお勧めしています。
ご継続については、継続手数料などは頂いておりません。
詳しくはご利用規約
を事前にご一読下さい。

 


Q: プログラムはどの様な形で配信されるのですか?

プログラムはスマートフォンでも閲覧可能なPDF書式でご提供しています。
オンラインストレージにアップしたトレーニングプログラムのダウンロードURLをプログラム配信日にメールでお知らせします。
メールに記載されたURLをクリックすると、プログラムがダウンロード出来ます。
ご利用されているメールボックスの容量が少ない方でも安心してご利用頂けます。
 


Go to Page TopGo to Page Top

プログラムサポート・ご利用規約

このフォームはお客様(プログラムサポート利用者)とエスチャレンジとのお互いの権利を明確に示すものです。またプログラム参加者ご自身のプログラム実施の際のリスクコントロール(危険因子の除外)を図り、安全にそして効果的にサービスを受けていただくための情報を明記させて頂きます。
ご利用の前には必ずご一読お願い致します。
 
■プログラムの使用目的
各種「プログラムサポート」でのプログラム提供及び各フィットネスやコンディショニングに関する情報などは契約されたプログラム参加者個人の身体能力向上や効率の良いコンディショニングトレーニングの実践という目的でエスチャレンジが提供するものであり、本来の利用目的を逸脱して、知り得た情報およびデータの再利用等を許可しているものではありません。
 
■知り得た個人情報の非公開の厳守
本サービスにおいて知り得た、プログラム参加者の全ての情報はいかなる場合でも、無断で外部に公開したり、個人データを流出いたしません。基本的に個人情報の著作権は、そのプログラム参加者個人にあり、エスチャレンジでは契約期間内のみプログラム参加者の個人情報の使用権を有するものとします。
 
■プログラム使用の権利
双方が合意のもとに始められたプログラム提供において、その提供された全てのプログラムおよび全ての情報はプログラムサポートお申込者のトレーニング目的の為に自由に使用する権利があります。その提供されたプログラムおよび全てのデータ・情報の使用期間は、契約期間が終了しても、個人のトレーニング目的であれば利用し続けることが可能です。
 
■プログラムおよび各データ・情報の著作権
本プログラム提供サービスにおいて提供された全てのプログラム・データ・情報等の全ての著作権は「アメリカ合衆国法人 S-CHALLENGE Works, Inc. 」および「 S-CHALLENGE Training Program Works 代表・飯島庸一」にあります。このサービスにおける全ての著作権とは複製権・公衆送信権・賃与権などの著作財産権および著作者人格権を含みます。よって無断で複製し他人に配布したり、営利目的でプログラムや提供された情報およびデータを他人に公開することは堅くお断り致します。また営利目的でなくても第3者に無断で公開することも禁止いたします。
 
■各フォームにおける記述事項の了承
トレーニングプログラム提供サービスにおいて、返信された幾つかのフォームにはプログラム参加者自身が記入されたもののみを有効なフォームといたします。 エスチャレンジではプログラム参加者がサービス提供の代金を支払った時点で、本ご利用規約の全ての項目への了承および返送された全てのフォームの記述内容の認証がなされたと判断し、サービスを開始いたします。
 
■プログラムサポートサービスの停止
やむを得ず契約期間中、一時的にプログラムサポートサービスを停止する場合は必ず info@s-challenge.com 宛てにメールで「姓名、サービス停止日、停止予定期間、停止理由」をご連絡下さい。また、サポートサービスを再開する場合も、同様にメールにてご連絡下さい。
 
■プログラムサポートサービスの有効期限
プログラムサポートサービス開始から「配信回数×2ヶ月」がサポートサービスの有効期限となります。この有効期限内であれば、プログラム配信が終了しても、メールサポートを受けることが出来ます。また、事前に「サポートサービス一時停止のご連絡」が無く、有効期限内に予定された配信回数を消化出来なかった場合は、残存分のプログラム配信サービスは全て無効となります。
(ex. プログラム配信回数4回コースの場合、4回×2ヶ月=8ヶ月がサポート有効期間となります)
 
■プログラムサポートサービスの中途解約
ご契約されたプログラムサポートサービスには「プログラムサポート」サービスと「メールサポート」サービスが含まれています。「プログラムサポート」はプログラムサポートサービス料金の70%にあたり、残存配信回数分の全額を振込手数料を差し引いて返金いたします。「メールサポート」サービスは残存契約期間によって残金を算出し、振込手数料を差し引いて残金を返金致します。
万が一ご契約者の諸事情で連絡が取れない状況が1ヶ月を超えた場合でも、「メールサポート」サービスは自動的に継続されています。「メールサポート」サービスが残存期間を超えると、「プログラムサポート」サービスの残金分を「メールサポート」サービス料金として充当します。中途解約のお申し出が無い限り、自動的に「メールサポート」サービスは継続され、残金償却時点でサポート期間満了となります。
 
■プログラムサポートサービスの自動解約
提供されたプログラムが本来の使用目的から逸脱、またはエスチャレンジが不利益を被る様な不正な目的で使用されていることが発覚した場合、契約期間内であっても当方の判断においてプログラムサポートサービスを自動解約させて頂きます。この場合、中途解約の権利が無効になるほか、別途損害に応じた賠償請求を行う場合があります。
 
■リスクコントロール
以下に当てはまる疾患がある場合、症状によってはお断りする場合もあります。またサポートお受けする場合は、医師の診断書および運動許可書もしくは指示等が明記された書面の提出をお願いする場合もあります。 もし、故意に以下に記載されている事項を明示せず運動を続けた場合、 その行為は本プログラム参加者本人の意志で行われた自発的行為と見なし、いかなる事象等が生じたとしてもエスチャレンジでは一切の責任は負いかねますので、予めご了承下さい。
・心血管系疾患(心筋梗塞、冠動脈疾患、狭心症、重症弁膜症、心不全など)、未治療の重症不整脈
・重症高血圧(安静h時収縮期血圧180mmHg以上、拡張期血圧120mmHg 以上)
・解離性大動脈瘤(急性期)、肥大型閉塞型心筋症、拡張性心筋症
・肺疾患(喘息、肺気腫、気管支炎など)
・脳血管疾患(卒中を含む)
・代謝内分泌疾患(未治療または管理不十分な糖尿病、甲状腺疾患)および末梢血管疾患
・貧血
・癌
・妊娠および妊娠中毒症
・感染症および炎症性疾患(急性期および活動期)
・薬物中毒
・骨粗鬆症
・情緒異常
・摂食障害
・息切れ・動悸・頻脈
・整形外科的疾患
・その他運動により病態が悪化する恐れのある場合
 (急性疾患、慢性疾患急性憎悪)
 
■プログラム施行する上での注意
安全に効果的にサービスを受けて頂くために、以下の事項を必ず守って下さい。
・無理をせずに、また体調の悪いときはプログラムを実施しないで下さい
・高温・多湿・寒冷の場合は適当な環境および時間帯を選んで行って下さい。
 (特に温度よりも湿度に十分留意して運動実施環境を選択して下さい)
・運動は食事1時間後および入浴後は避けて下さい。
・運動中に何か不快感もしくは疾患等、身体に対しての自覚症状が出現したときには直ちにプログラムを中止して下さい。
・脈拍の取り方に習熟し、指定された脈拍になるようにして下さい。
また以下の症状が出現したときは運動強度が過剰な場合です。トレーニング強度もしくは量をコントロールする必要がありますので、直ちにトレーニングを中止し適切な対処をし、必要な場合は担当トレーナーにご相談下さい。
・運動終了10分後でも息切れが続く
・運動終了10分後でも脈拍が100拍/分以上ある
・運動中や運動後に胸痛、吐き気、嘔吐がある
・運動を行った当日の夜、寝付きが悪い。
・運動を行った翌朝、起きるのが辛い
・前回の運動の疲労がかなり残っている

Go to Page TopGo to Page Top

S-CHALLENGE サイト内検索(Search via Google)
 


■ユーザーVOICE

 

目標を明確に設定したため成績に対する自分の焦りがなく着実に実力をつけることができました

私は大学に入学してから4年間プログラムサポートサービスを利用していました。飯島さんと出会ってからまず感じたのが物事を物理的に、論理的に考えるという事です。自分の目標がなんなのか、目標を達成するためにはどうしなければいけないのか、飯島さんと二人で考えました。
その後「この練習はスキーのどんな動作に必要なのか、この練習をするとどんな部分がどうなるか」などを考えながら練習に取り組みました。するとシーズンに入り滑り出してみると昨年なかなか克服できなかった技術が改善できていました。
また目標を明確に設定したため成績に対する自分の焦りがなく着実に実力をつけることができました。

クライアントさんのイメージ画像
(東京都在住・ST様 22才 大学生)

 

サポートを受け、常に管理されていることで怠けながらも何とか続けることができています

年々体力が激減する中、一年でも長くスキーを続けたい。相手は子供や高齢者ですが指導員として自分が自由に動けなければとは思うものの、仕事や活動に追われ、怠け者の私としてはついオフトレーニングを怠りシーズンインすると後悔・・・ 。
サポートを受けるようになってからは、常に管理されていることで怠けながらも何とか続けることができています。 先シーズンは毎週のように東京から往復運転してのスキー場通いも疲れ知らず、体の稼働範囲の広がりや 弛みきった筋力の強化で、モットーである楽で楽しいスキーが実践できました。感謝です。

クライアントさんのイメージ画像
(東京都在住・IY様 64才女性)

 

トレーニングに集中できるようになったことは非常に大きなメリット

プログラムサポート開始前は自分でトレーニングメニューを考えて実施していました。その時期はトレーニングの内容や方向性が正しいのか等、悩んだ時の相談相手もいなかった為、常に不安があったのですが、プログラムサポート開始後は、そういった点での不安がなくなり、トレーニングに集中できるようになったことは非常に大きなメリットでした。
また社会人としての少ない時間を考慮したメニューを作成してもらい、レースまでのスケジューリングを含めたコンディション調整や、栄養面、心理面のアドバイス一つ一つが参考になりました。
その結果、今年は自己ベストのレース結果を残すことができました。年齢的にピークは過ぎているはずですが、まだまだ成長できる予感がします。

クライアントさんのイメージ画像
(神奈川県在住・KN様 44才 社会人)

 

Adobe Acrobat ReaderへのリンクアイコンAdobe Acrobat Readerへのリンクアイコン

各種プログラムサポートサービスをご利用になるためには Adobe Reader(無償配布) が必要です。上のバナーをクリックするとダウンロードサイトにアクセスします。
Adobe 、Adobe ロゴ、および Adobe Reader は Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)の商標で、特定の司法管区で登録されています。
S-CHALLENGE Training Program Works 代表 飯島庸一は、345 Park Avenue, San Jose, CA 95110-2704を拠点とするAdobe Systems Incorporatedより、アドビロゴ商標ライセンス契約を結びAdobeロゴ及び商標の使用を許可されています。